事業紹介BUSINESS INFORMATION OSP富士包装の事業と製品が出来るまでの
工程を紹介します。

色々なパッケージのイメージ
フィルムパッケージのイメージ

フィルムパッケージに込められた夢…

包みを開ける時の、誰もが経験した事のあるワクワクした気持ち。
そうした夢を大きく膨らませるのが、私たちOSP富士包装の役目です。

食品から日用品まで、幅広い分野のフィルムパッケージを製造しております。最新のグラビア印刷機をはじめ、ドライラミネート機・スリッター機・三方製袋機などを完備。巻取り納入はもちろんのこと、三方袋・合掌袋・溶断袋などあらゆるニーズに対応可能です。

製品のデザインが出来たら私たちの出番です!

〜製品が完成するまでの流れ〜

1グラビア印刷

フィルム製品のデザインが出来たら、印刷工程に入ります。グラビア印刷とは、フィルムへの印刷です。印刷方式の一つであり、凹版印刷の一種です。高精度な写真などカラフルな色彩の表現性が得意とされています。

印刷風景

2ラミネート加工

湿気を防ぐ、熱を加える、冷凍に耐えられるなど、用途に応じた包装資材を作るために、複数の材料を貼り合わせる加工です。性質の異なるフィルムを幾層かに貼りあわせることで目的の性質を得ることができます。

ラミネート加工の風景

3スリッター加工

印刷は、フィルムに無駄が生じないように、何列か並べて印刷します。そのためフィルムを印刷後に、希望に応じて必要なサイズ幅にカットし、ロール状に巻き取っていく加工をスリッター加工といいます。

スリッター加工風景

4製袋加工・検品

出来上がったフィルムを用途に合わせて様々な袋状に加工していきます。お客様側では、オートマティックで袋詰めされるため、袋サイズの誤差も許されません。厳密にサイズチェックをしながら高速で袋に仕上げます。

製袋加工・検品風景